「川崎プロボノ部(第1期)」事前オリエンテーション開催!!
 平成29年9月23日(土)午後2時~午後4時に、高津区にある<にこぷら新地>にて
「川崎プロボノ部(第1期)」事前オリエンテーションが開催されました。
 ◎「川崎プロボノ部」とは・・・
  仕事を通じて身に着けた経験・スキルを活かして、NPOや地域団体等のお困りごとを解決する
  助っ人部隊です!!
  3~5人のチームを作り、2~3か月の期間で、地域課題解決に向けて活動しているNPOや
  市民活動団体等の運営上の課題解決に向けた成果物づくりに取り組みます。
   ※助っ人部隊として、ボランティア活動を行う人を「プロボノワーカー」と呼びます。

角丸四角形: ◆「プロボノ」の語源はラテン語のPro Bono Publico
(公共善のために)という言葉です。
Pro      For     ~のために
Bono     Good    善・いいこと
Publico  Public  公共的な

<事前オリエンテーション当日の様子>
  開始時刻の30分前から参加者全員がそろったチームもあるなど、冒頭から非常に活気あふれる
   ミーティングとなりました。
  事前オリエンテーションでは、今後「川崎プロボノ部」として2~3か月間の活動を行っていく
   にあたって、プログラム全体の確認と、リスクとして考えられることとその対処方法や、支援先団
   体の情報について共有しました。プロボノワーカーの各チームともメンバー同士が初顔合わせにも
   関わらず、積極的な意見交換が行われ、今後の活動に向けたウォーミングアップができました。
  今回の事前オリエンテーションは、プロボノワーカーが対象でしたが、支援先団体の一つである
 「アゼリア合唱団inシニア」のメンバーも参加し、プロボノワーカーチームとの初顔合わせを行い
  ました。プロボノワーカーの方々が、団体の説明を傾聴するとともに、丁寧に要望を引き出す様子が
  印象的でした。

      支援先団体      支援メニュー
 1   あさおみどりのコンサート   作業効率化の提案・チラシ作成
 2   エーデルYS.com   マーケティング基礎調査
 3   アゼリア合唱団inシニア   作業効率化の提案

  
<今後の予定>
プロボノワーカーと支援先団体が、各組ごとに全3回の打合せを行い、支援先団体の活動基盤の強化
につながる成果物づくりを行っていきます。

 

この情報をシェアする