• 武蔵新城あいもーる商店街

    武蔵新城あいもーる商店街

  • ICT治具のログイン画面

    ICT治具のログイン画面

  • 2016年度全国商工会議所女性起業家大賞受賞

    2016年度全国商工会議所女性起業家大賞受賞

  • 卒業生たちの笑顔

    卒業生たちの笑顔

  • 代表の高橋陽子さん

    代表の高橋陽子さん

ダンウェイ株式会社
 
 ダンウェイ株式会社は、障がい者の「その人なりの自立」と、地域共生の実現をビジョンに掲げ、2011年に設立した株式会社です。事業所は川崎市中原区新城のあいもーる商店街の中にあり、商店街という生活には欠かせない場所で、地域に方々とふれあい、生活面でも自立できるような支援を実現しています。
 ダンウェイが目指すのは、障がいのある人も、得意なことを活かして、その人なりの自立をし、人生を愉しめる社会の実現です。どのような状況からでも、考え方次第で人生は変わる、それぞれが自分自身の人生を愉しんでほしい、それがダンウェイの想いです。

 代表取締役の高橋陽子さんは、長男の発達障がいと向き合う中で、社会の中でなかなか進まない障害者の自立支援を自らが行わなければ、という強い覚悟で、会社を設立しました。ある先生の『それでも絶対にあきらめるな。あきらめないやつが最後には勝つ。試練は乗り越えられるものにしか訪れない。』という言葉に励まされ続け、まわりの人たちとの絆に支えられて、今や数々の女性起業家の賞を受賞するに至っています。

 現在、日本の障がい者のうち、就職している人は全体の約20%ほど、残りの約80%は福祉の制度のもとで生活しています。福祉制度の活用は、権利なのだけれど、福祉のもとにいた人が働くことができれば、社会の負担を抑えられます。しかし、障がいのある人には、情報・指示を整理して伝えるなど、訓練や職場での工夫が大切です。
 企業と人とのマッチング、障がい者雇用についてのアドバイスなど、障がいのある人に関わる全ての人たちが喜べるような「Win=Win」の結果を生み出す、それがダンウェイのビジョンです。
 
 現在の主な事業は、次の4つです。
  1. 福祉&教育(就労支援・子ども支援)
  2. ICT冶具(障害のある方でも分業でホームページ制作を可能とするソフト)
  3. 教育(外部向け)
  4. クリエイティブ 
1.福祉&教育事業としては、就労移行支援・就労継続B型事業所として、一人ひとりの障がい特性に配慮し、得意なことを見つけ、社会性と職業能力の向上を目的とした訓練カリキュラムを行っています。特にICTを活用した独自の訓練や外部から受託した業務を行うことによる訓練を経て、企業雇用へとつなげています。商店街の中の店舗も外部実習の場面では大いに協力してくれており、関係も良好です。

2.ダンウェイの大きな強みとなっているのが「ICT冶具」です。インテル株式会社と協働で開発したホームページ制作ソフトで、分業でホームページを作るので、障害がある方も関わりやすく、仕事の幅を広げることに役立っています。ICT事業を「冶具の発想」で推進しました。また、特別支援教育にも特別な想いがあり、ICT治具とテキスト、シラバスをセットにした「だんだんシリーズ」というオリジナルプログラムを開発しました。
 
3.外部の法人、個人に向けて、ICT冶具の講習や、学校教育現場への「だんだんシリーズ」の提供、障害のある方の受け入れに悩みを抱える企業へのコンサルティングを行っています。
 
4.多様な個性、個性的な発想を活かし、チラシ、ポスター等のデザイン、各種教育教材の製作なども行ってます。
 
 
その他、詳細は会社ホームページにも掲載されていますので、ご興味をもたれた方はぜひ覗いてみてください。
http://www.danway.co.jp/
この情報をシェアする