6月18日(日)、市民活動見本市『高津どんなもんじゃ祭り~ここから街がちょっと好きになる~』が、高津市民館(ノクティプラザ2 11・12階)で開催されました。このお祭りは、高津区内の市民活動団体がそれぞれの活動を紹介する場です。

当日は、朝からどんより曇り空でいつ雨粒が落ちて来てもおかしくない状態。しかし、高津市民館の11階と12階は、朝10時半の開会式の前からすでに活気に満ち溢れていました。大会議室にて、実行委員会からの開会宣言があり、「アレアファーレかわさき」という子どもたちのチームによる可憐でダイナミックなオープニングダンスから、今年の高津どんなもんじゃ祭りがスタート。

参加団体(43団体)によるパネル展示や、ヨガやムエタイ、お茶、生け花などの体験型イベント、コンサートにダンス等、様々な催しものが行われました。小さな子どもから高齢者の方まで幅広い年齢層の方々が、楽しそうに話を聞いたり、舞台を観たりしていました。毎年恒例のじゃんけん大会で今年の高津どんなもんじゃ祭りは、大盛況のうちに閉幕しました。
お問い合わせ
電話:044-861-3133(高津区役所地域振興課)
  • パンフレット

  • オープニングダンスの様子(大会議室)

  • 大会議室の観客

  • 団体パネル展示(12階ギャラリー)

  • 体験型イベントの様子

この情報をシェアする
SNSボタンをクリックすると別ウィンドウで開きます