12月9日(日)午後1時30分~午後4時30分エポックなかはらにて、
全市シンポジウム「希望のシナリオ ~これからの地域づくりを考える~」を開催、
100名近くの方々にご参加いただきました。

市長によるスピーチ「なぜ、いまコミュニティなのか」に始まり、
「これからのコミュニティ施策の基本的考え方(素案)」についての説明、
そして各区に分かれたグループワークでは、わたしたちのコミュニティの未来について熱い意見交換が行われました。数多くの御意見・御質問等が出され、「基本的考え方」の章ごとに集約、グルーピングのうえ、発表&市からの所感・回答といった流れで進められました。

その後は交流会。ここにも多くの方にご参加いただきました。
皆さん揚々と盛り上がっており、中には今後の区ごとの取組みについてさらに話し合うテーブルも見受けられました。
まさにこのような場からも、これからのコミュニティに欠かせない「市民創発」が起こるのかもしれません。
皆さんのお住まいの区では、どんな創発が起こるのか。とても楽しみですね!



また、「これからのコミュニティ施策の基本的考え方(素案)」について、現在パブリックコメントを募集しております。
市民の皆さんと一緒になって考えていくためにも、ぜひ皆さんのご意見をご提出ください。
募集は2019年1月4日(金)までとなっております。

詳細は市ホームページをご覧ください。
  • 参加者集合写真

  • 各グループの意見交換の様子

  • シンポジウムの様子

この記事に関する問合せ先

団体名
協働・連携推進課
電話番号
044-200-1986
この情報をシェアする
SNSボタンをクリックすると別ウィンドウで開きます