キララ賞(かながわ若者生き活き大賞)

生活クラブ神奈川・福祉クラブは、地域の中でキラリと光る若者の活動を応援しています。
神奈川県内でさまざまな分野で活動している個人または団体に、かながわ若者生き活き大賞として”キララ賞”と”副賞50万円”を贈呈しています。

キララ賞(かながわ若者生き活き大賞)とは

 地域を生き活きとさせる活動、人と人のつながりを豊かに生み出す活動、未来を切り開いていく活動など、オルタナティブな生き方を模索している若者を発見し、応援する活動です。自薦・他薦で応募を受け付け、選考し、毎年2件の個人または団体に「キララ賞(かながわ若者生き活き大賞)」と「副賞50万円」を贈呈している活動です。

 推薦募集・運営・選考活動は生活クラブ生協神奈川・福祉クラブ生協組合員と有識者が担っています。

キララ賞を受賞すると

キララ賞と副賞50万円が贈呈されます。

選考の流れ・選考基準

選考の流れ

1.エントリー(8月末締切)
WEBよりエントリーまたはエントリーシートを送付
2.応募用紙が届く
(エントリーされた方に応募用紙を事務局より送付いたします。)
3.応募用紙を提出(9月7日(火)締切)
4.第一次選考(10月頃)
(書類選考=応募用紙をもとに審査し、数件に絞ります。選考結果はメールにて連絡します。)
5.第二次選考(10月中旬~11月末頃)
(現地調査=面接や活動状況の見聞などをします)
6.最終選考(12月中旬)
(キララ賞にふさわしい個人または団体を2件選びます)
7.受賞者決定(12月末)
(選考結果はメールにて連絡します。)
 ※受賞された団体・個人は2022年2月5日(土)の贈呈式・30周年記念フォーラムにご出席いただきます。

選考基準

平和・環境・福祉・文化・国際交流(分野は問いません)などの分野で、未来を切り開き、身近な地域を大切にし、新しい人のつながりをつくり出す活動をしている若者に焦点を当てて選考します。対象は、個人または団体です。

選考指針

選考指針として、次の7項目を重視して選考します。 
1.未来への指向性を持っているか
2.オルタナティブな生き方の提案があるか
3.他の人たちが再現し実践できるか
4.広く世界の人びととつながるかどうか
5.自分たちの身近な地域を大切にしているか
6.大ぜいの人びとの参加と連帯があるか
7.持続性のある活動か

エントリー資格

・神奈川県で活動する若者( 30代まで)を対象とする(個人・団体)。
・平和、環境、福祉、文化、国際交流などの分野(分野不問)で、未来を切り開き、身近な地域を大切にし、新しい人のつながりをつくり出す活動をしている若者(個人・団体)とする。
・財源の大部分が、公的助成や政治団体・宗教団体によってまかなわれているものは除く。
・過去の受賞団体・個人の応募は受け付けない。

自薦・他薦問わず

・自薦・・・30代までの方はご自身の所属される団体、またはご自身の活動でエントリーできます。
・他薦・・・あなたの周りで活動している30代までの若者を推薦してください。どなたさまでも推薦者となっていただけます。(例:友達の活動を推薦してあげたい。お隣の息子さんの活動を推薦してあげたい)

募集期間

2021年5月1日(土)~2021年8月31日(火)

エントリー書類送付先・問い合わせ先

生活クラブ生協 政策調整部
キララ賞基金運営委員会事務局
電話:045-474-0985
(受付時間:月~金・祝 9時~17時)
ファックス:045-472-0999
郵送:〒222-0033
横浜市港北区新横浜2-2-15 パレアナビル5F
この情報をシェアする
SNSボタンをクリックすると別ウィンドウで開きます